>info>お祭り会場に必要不可欠なものを買うときこそ宝くじ助成金の出番

お祭りの道具を購入するときはやぐらなどで多額の費用が掛かる

お祭りを執り行おうと思ったときには、さまざまな道具を購入する必要があります。「予算がないから」という理由で、道具購入を見送ることで、祭りに参加する人々の士気が下がってしまうこともあるので、注意しましょう。特にやぐらなどは、費用がかかるもの。しっかりと予算を組んでおくことが大切です。

お祭り会場に必要不可欠なものを買うときこそ宝くじ助成金の出番

宝くじ

お祭りに欠かせないやぐらには宝くじ助成金を使おう

予算内でおさめることが難しいときに、頼りになるのが宝くじ助成金です。こちらは、宝くじの社会貢献広報事業の一環として行われているもので、地域のコミュニティ活動などで必要なものを購入する際に、助成金をもらうことができます。地域住民の絆を強めるお祭りに欠かせない「やぐら」は、助成金の対象になります。申請してみると良いでしょう。

宝くじ助成金を使用する時の確認事項

宝くじ

宝くじの社会貢献広報の効果が認められるもの

宝くじ助成金を受けるためには、「宝くじの社会貢献広報の効果がある」と認められる必要があります。細かなポイントについても、事前にチェックしておくことで、申請要件を満たすことができます。

地域の意識を高めるためのもの

宝くじ助成金は、どのようなものでも対象というわけではありません。地域の意識を高めるほか、コミュニティを一体化してくれるような特別なものが対象となっています。

毎年秋に次年度の申請がある

宝くじ助成金は、いつでも自由にもらえるわけではありません。毎年秋になると、次年度の助成金の申請期間がスタートします。計画的に行動し、忘れないように申請することが大切です。

やぐらと一緒にひな段なども揃えておこう

お祭りで使うものといえば、やぐらだけではありません。ひな段や観覧席など、あると便利なものも多数あるでしょう。こうしたものも、宝くじ助成金を使って揃えるのがオススメです。

ここも知っておこう!一般コミュニティ助成事業とコミュニティセンター助成事業

さまざまなイベント等を対象とする一般コミュニティ助成事業

一般コミュニティ助成事業が対象としているのは、地域の連帯感を高めるようなイベント、レクリエーション事業などです。ここで直接使われるものに対して、助成を受けることができます。ただし消耗品や建築物は対象外となるため、注意しましょう。

集会施設の大規模修繕、建築などに疲れるコミュニティセンター助成事業

コミュニティセンター助成事業は、住民たちに利用されるコミュニティセンターの設立、もしくは大規模修繕の際に助成金が支払われる事業です。上限1,500万円というルールはあるものの、非常に大きなサポートとなってくれます。